Mio P350はGPSに特化したPDAです。バイクや自転車のGPSとしてMioP350は現在手に出来る最高のコストパフォーマンスの装置です。♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Miop350のライバル?
MioP350はGPS機能で言えばぶっちぎりなんだけど、
PDAとしてはトップランクってワケじゃない。

PDAの分野で2006年のぶっちぎりだったのは

ウィルコムのW-ZERO3

これはすごい人気だった。
モバイルPCのミニミニ版という感じで
僕も正直、食指が動いた。

ちょうど他のPCを導入したところだったので
踏みとどまったんだけどね。


そのW-ZERO3の新機種が

W-ZERO3 es

おいおい、それはないだろう!
反則じゃん!


って感じのケータイみたいな機種だ。
PDAというよりはなんでもできるケータイ
って感じ。

日本の市場にはベストマッチかもね。
実際、W-ZERO3にしても、MioP350にしても、
ポケットに入れるにはでかすぎるけど、

この新機種なら。


誰か同じ部署の人が買わないかなあ。(爆)
Miop350はバイクのどこに設置する?
MioP350をバイク設置するとき、どこが一番いいのでしょう?

MioP350はGPSなんだから、車の常識からすると

できるだけ目を動かさないでいい位置での設置がいいですよね。


そうなるとハンドルか、カウリングが付いていれば

カウリングの内側にステーで設置するのがいいです。


でも、車の中と違って、バイクは太陽の下を走るわけで、

走行中にハンドルについているMioの小さな画面を確認するのは

けっこう難しいんじゃないのかなあ。。。


そう思うと、

こういう選択肢もあるのかな?



Mio搭載防水タンクバッグ





昔のツアラーはやはり、タンクバッグの天辺に

コピーした地図を差し込んで走ったものですよね。

それと同じ乗りです。


・・・ただね、これ、Mio168RS用なんです。

自分でちょっと改造しなきゃならないですね(^-^;



グルメランキング!
なんだか、アウトドアランキングは今一だったのです。
というのが、アウトドア全般だからなんだか幅広すぎて
微妙でございましたね。

と、いうことで、MioP350のブログにもかかわらず
自分に正直にグルメランキングにしてみましたぁ
ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

たまにはいいかと思います。(^。^;)



こっちの方が楽しいよ。
いろいろ内容に関してコメント入れようと思うんだけど
見るたびに違うんだもの、入れるの難しいや。(笑)
楽天アウトドアランキング
楽天ショップのランキングリンクというのがあるのを発見!
貼ってみましたよ~。

こういうランキングのリンクの面白いところは
自分がぜんぜん知らないものがベスト10に入っているのを見て
知識が増えることです。素直に。

そもそも、MioP350のことも6月にそういうランキングサイトで見て、なんだなんだ!?
ということで気がついたものなんです。

そしたらいろいろ調べているうちに、GPSのこととかも詳しくなっちゃって。
http://miop350.blog60.fc2.com/blog-entry-18.html

面白いですよ、こういうランキング。
ぱっと見て知らないものが載っていたら
ぜひクリックして勉強してみてください。

自分の知識と経験が広がるのはすばらしいことです。





Miop350はここのところさっぱり入ってませんね~(^-^;
いや、楽天ランキングに6月にはいっていたかどうかはわかりません。
別のランキングで見たので。
MioP350と、それ以前のモデルを見てみましょう。
Miop350はバイク用の、というわけではなくてハンディGPSです。

でも、バイクにぴったりだからということで、

マイタック社のMioシリーズ

ライダー達にすっと愛されて来ました。



そんなMioシリーズの歴史がわかるページがこちらです。

快適なバイクライフ!バイク ナビ(バイク用カーナビ)通販

Mioシリーズがずらっと並んでるし、取り付けたイメージもよくわかります。

問題は、安くはないことですね。




買うんだったらここで紹介している楽天のショップの方が

絶対に安いですよ。ポイントもたまるし。(爆)




通販で買って自分で取り付けるつもりなら、

(ツアーライダーはだいたいそうですよね。)

楽天一番安い店で買うのをお勧めいたします。


楽天で一番安いのはここです。

MioP350が激安の楽天ショップは?
MioP350マイタックのPDAです。

その際立った特徴はGPS機能が充実していること。

バイクや自転車への取り付けアダプタ類も充実していること。


そんなこんなでこの夏は売れに売れました。


  でも、今からがほんとうにバイクの季節です。

  それなのに夏物商戦一段落で、MioP350が安く買えます。



        らっきーヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい


         楽天で一番安いのはここです。
楽天での買い物に
楽天での買い物にはそれはもちろん、楽天カードが一番お得です。
自分で申し込みたいからバナー貼りましたが、本当にこれはお得なんです。よろしければごらんになりませんか?





お得ですよ。♪

年会費無料でANAマイルもたまりますよ。
話せば長くなるながら、、、そうですね、どうせ長くなるならしっかり話しましょう(笑)。

ほぼ無料で毎年海外旅行に行く方法ってご存知ですか?

2006年7月頃まで有料で販売されていた方法ですが、
次のタイトルの無料レポートとして手に入れることができます。

『毎年,無料でアジアンリゾートへ』
http://mailzou.com/get.php?R=2111&M=1012


すでに良くご存知の方も大勢いらっしゃると思うのですが、

内容は、クレジットカードを効率よく使って、
マイレージを通常の数倍のペースで獲得する手順を
丁寧に解説したものです。

もともと、飛行機に乗るとき以外にも日常の様々なポイントで
マイルがたまるクレジットカードを使うことで(ANAカードなど)、
効率的にマイルを貯めるやり方については、
航空会社のホームページでさえも紹介されていました。


この無料レポートではそれを数段階に分けて、
Edyやコンビニ支払い、ボーナス月などを組み合わせることで、

ふつうに使うのに比べれば、
4倍から8倍のペースでマイルを貯める方法が示されています。

そういう機能を持ったカードを選べば、
家賃の支払いでもマイルをためることができます。

かなり美味しいシステムですが、以下のようなカードが必要です。



まず、Edy機能が組み込まれているカードです。
まずは楽天カードなどが有名です。

Edyで支払うことがマイルアップのポイントです。
楽天ポイントも付くので、ネットでの楽天ショップ利用にも便利です。

別のEdy機能付きの楽天カードには家賃を払うときに使えるものもあります。

楽天がホームズという賃貸不動産系の会社と提携しているカードで、
賃貸住宅で家賃を払う場合、これで支払うことが出来れば(契約次第)、
家賃支払いがそのままマイル獲得になるということです。


Edyはカードあたり一ヶ月5万円しかチャージできません。
極力Edyで稼ごうと思うと、複数のEdyカードを持つ必要が出ます。
でも、Edyも使えてマイルにもなるというカードはあまり多くありません。

Edyカードのそのひとつの選択として、スルガ銀行ANA支店も紹介されています。
これはネットバンクカードなのですが、Edy機能が付いていて、
Edyをチャージして使うことで、やはりマイルを貯めることができます。


次はメインカードの紹介です。

ANA-JCBゴールドカードです。

通常であれば年会費15750円なのが期間を上手に選べば
飛行機搭乗の際のマイルアップなど、有利な点が多いので
1年だけこれを利用するのをおお勧めします。
これがJCBの場合のクレジットカードの中心になりますね。


ANA-VISAゴールドカードです。

これをある条件で契約して利用し、さらにEdyも活用すると、
通常の2.5倍のマイルを獲得することができます。

紹介した無料レポートの核となっているカードです。




そしてけっこう重要な小物が
「パソリ」という、パソコンにつないでEdyをチャージできる機械です。

マイルを稼ぐに当たっては、
これでEdyを自分のパソコンでチャージするのが大きなポイントになります。

電気屋さんで買えば5000円ぐらいする機械なのですが、
ヤフオクで3千円ぐらいで手に入れることができます。

2006年9月30日までだと
申し込めばサービスで付いてくるカードもあったのですが。。。




「海外旅行に興味なんかないからいいよ。」
ということであればそれはそれでかまいませんが、

マイルはある程度たまると、
商品券とも交換してもらえるの、ご存知ですか?

つまり、これらのカードを駆使して日常生活の支払いをカードで行えば、
1年間で10万円ぐらいのポイントは簡単にたまっていくのです。

その知識についてはここに詳細に書かれています。
ぜひ、読んでみてください。

『毎年,無料でアジアンリゾートへ』
http://mailzou.com/get.php?R=2111&M=1012

知識は活用してこそ意味があります。



1999年8月21日問題って知ってますか?
1999年8月21日問題 Wikipediaより

1999年8月21日問題 (GPSの時計が桁溢れする日) などが1024週ごとにある。

これは、GPS衛星に搭載されている時計の週の積算データが10ビットで管理されているため、
GPS時計の周期開始日である
1980年1月6日から1024週後の1999年8月21日
(日本時間では1999年8月22日午前9:00)にリセットされて
内部で0週に戻ってしまう仕様となっていたのを
無視してカーナビゲーションシステムを製造したために、
発生した問題である。

当時、対応が迫られていた2000年問題と同根の問題であることもあり、こう呼ぶ。

日本国内において修正ミスが原因の不都合が、一部のカーナビゲーションシステムで生じた。


へえええええええ。
こんなことあったんだ。(爆)

いろいろあるんですね。ヾ( ̄ー ̄;)ォィォィ


今で何も心配ないのかな?
なんだか気になります。

あ!そういえば3年ぐらい前に友達の車に乗ったときに、
1997年製のGPS積んであって、それが無茶苦茶だったのは
その性でしょうか?

    ヾ('o'ヾ('o';)ォィォィォィ
日本におけるGPSの精度
アメリカの軍事利用から始まったGPSですが、
日本では独自の対応はないのでしょうか?

Wikipediaから引いてみました。

現在の日本には3基の人工衛星からなりGPSの位置情報を補正して高精度の測位を可能とする、
準天頂衛星システム(Quasi-Zenith Satellite System、QZSS)と呼ばれる計画がある。

すでに事業化を検討する民間の主体として新衛星ビジネス株式会社が2002年に設立されており、
高速で移動する車輛の内部で精度25cmとされる測位精度を用いた各種事業が検討されている。

最初の人工衛星は2008年に打ち上げられる予定だが予算の都合で通信・放送との複合機能衛星となっており、
それらサービスのシナジー効果が期待されていた。

その後に採算性の面から2006年3月に放送・通信の事業化が断念され、純粋な測位衛星として利用されることになった。


日本ではその後、内閣官房に測位・地理情報システム等推進会議が設置され、
2006年3月には
「準天頂衛星システム計画の推進に係る基本方針」を発表した。

それによると、国家が衛星測位の重要性を認識し、
民間の資金負担がないとしても、
国家が衛星測位システムを整備することを宣言している。


ということで、なるほど、独自性を出すつもりはあるんですね。
お金がついてこない。。。

今の日本のロケット打ち上げの性能ではいまひとつ現実感がないですね。

がんばれ! 日本!
GPSの歴史
GPSの開発は、1973年、アメリカ海軍によってスタートしました。
海上の船舶交通の安全な航行が目的です。
もちろん、軍の船です。・・(;^_^A アセアセ

そのシステムサポート衛星として1978年にはブロックⅠ衛星というのが
アメリカから打ち上げられました。このときは11個でした。

その後、1989年にブロックⅡ衛星が打ち上げられました。28個ですね。
この辺まで、軍用開発のついで、という感じですね。

その後、本格的な一般利用につながったのは
1993年のIOC宣言ー24衛星による正式運用開始を経てのことです。

1995年にはFOC宣言というものが有り、(詳細ややこしいので省略^^;)
ブロックⅡ衛星群による完全運用が開始されました。


そして21世紀直前の2000年になって、さまざまなセキュリティ上の制約が
国際的取り決めに従って解除されたのです。

2003年には28の衛星による共同運営となりました。
その時点での誤差は10m以下です。

2006年の今、MioP350はとても安いんですよ。
本体だけなら39800円とかで販売されています。

30年前は夢物語だったGPS。
あなたの掌でいじれるなんて、夢みたいな話です。



ちなみに1973年のバイクといえばCB750K2とか、Z2とかの全盛期ですね。
怖いお兄さんが乗るバイクだと思っていました。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。